就職の際の紳士服の種類と選び方について

紳士服と言えばスーツをイメージしますが、これから就職しようとしている学生はスーツの種類や色の選び方に頭を悩ませていることと思います。紳士服店に出向けば様々な種類のスーツは販売され、お店の店員に聞けば選び方も教えてくれることでしょう。
しかしながらちょっと注意しなければならないことがあります。

エントリーする会社によって紳士服の色や柄に暗黙の決まりごとがある場合があるのです。例えばある銀行では今も柄物のネクタイの着用が禁止されていますし、スーツに関しても
どちらかと言えばシックなものが好まれます。
一方、アパレル業界へ就職を希望しているのなら、先ほどの銀行が好む服装では個性に
乏しいと判断されかねないのです。一番良いのは就職を希望する会社の社員を観察して、
その人と似たような服を購入するのが無難です。前年にその会社に就職した人を良く観察
してみてください。どんな種類のスーツを選択すべきか?傾向があると思います。

服装だけが全てではもちろんありませんが、着ている物がその人の人となりを表わすのも
事実です。人間としての中味ではなく、服装で判断されるのも腑に落ちないかもしれませんが、まずは会社に入ることが目的ですので、就職活動の際は心に留めておくべきだと思い
ます。また、スーツの選び方に決まりはありませんが、就職活動中は目立とうとして派手なものを選択することは避けて、シックでシンンプルな服装を心がけると良いでしょう。